光脱毛前のシェービング【自己処理と剃り残しの対応】

光脱毛前のシェービングについて

脱毛サロンで光脱毛をする場合、通常は自分でシェービングしてからサロンに行きます。しかし、部位によっては剃り残してしまうことも多いです。例えば、背中を剃り残し無しでシェービングするのは難しいですよね。サロンによっては、剃り残しがあると施術を拒否されたり、有料でのシェービングが必要になったりします。

以前は無料でシェービングを行ってくれるところも多かったのですが、全く自己処理をせずにサロンに通う人も多くなり、サロンでの対応が間に合わなくなってきたようです。現在では無料でシェービングを行ってくれる脱毛サロンは少ないです。

自己処理でのシェービングが基本

最近では、脱毛サロンでの脱毛がかなり一般的になってきました。これは脱毛エステの料金がかなり安くなってきたためです。料金が安いということは、短時間で多くのお客さんの脱毛を行わなければ赤字になってしまいます。無料でシェービングを行っていると、それだけで赤字になってしまうのではないかと予想できます。

低料金で脱毛が受けられるなら、自己処理でのシェービングもしかたがないでしょう。しかし、ちょっとの剃り残しで施術を拒否されるのはどうかと思います。また、シェービング料金が発生するのはちょっと嫌ですね。

腕や足なら剃り残さないようにできるかもしれませんが、背中や腰、ヒップ、VIOなどは丁寧にやっても剃り残してしまう場合もあります。そんなときには、無料でシェービングしてくれると嬉しいですね。

無料でシェービングしてくれるのはエターナルラビリンス

剃り残しがあった場合に無料でシェービングを行ってくれる脱毛サロンは、エターナルラビリンスです。エターナルラビリンスでは月額9,500円で全身脱毛ができます。全身脱毛では最安クラスの料金設定です。こんなに安いのに、無料でシェービングを行っていても大丈夫なのかと心配してしまいます。ただしVIOだけは衛生上の都合で、サロンでのシェービングは行ってもらえません。VIOだけは剃り残しがないように注意しましょう。

それから私が確認したところ、エステティックTBCも剃り残しのシェービングを無料で行ってくれると返答をいただきました。しかし、ネットの口コミでは料金をとられたという書き込みもありました。店舗により対応が違っているのかもしれません。TBCを利用する場合は、ご自分が通う店舗に直接確認するのが良いでしょう。ちなみにエピレでもTBCと同じ脱毛(光脱毛のプランは全て同じ)ができます。TBCとエピレの違いは、TBCは総合エステで、エピレは脱毛専門のエステということです。

それ以外の脱毛サロンでは、シェービング代を取られるか、施術ができないところがほとんどです。